気になる新刊 2021/06/07

気になる新刊

※私の気になった新刊を載せています。本日の新刊が全を載せているサイトではないので、ご注意ください。

もくじで気になるタイトルを見つけて“タイトル買い

その本の表紙を見て“表紙買い

表紙の下、帯をみて“帯買い

最後にあらすじをみて“あらすじ買い

いろんな買い方ができるのが、本選びの醍醐味です☕🍪

ひと言、私の感じたこと等を書いております。読んだ後に書いたものではなく、購入前の想像で書いているので、ご注意ください。

単行本

うらんぼんの夜

片田舎での暮らしを厭う高校生の奈緒は、東京から越して来た亜矢子と親しくなる。しかし、それを境に村の空気は一変し、亜矢子の口数も少なくなる。疑念を抱く奈緒は、密かに彼女の自宅に忍び込もうとするが……。書き下ろしミステリー。

amazon

これは表紙が美しすぎる。表紙買いする人多そうな作品。

まばたきで消えていく

「命の際の歌が胸を突く残酷すぎるこの世だけれど、人間を知りたいと心から願っている。肝を据えて見つめ直す愛おしい日々。」(監修東直子)

【5首】

寝ころんであなたと話す夢をみた夏で畳で夕暮れだった

これは異性のための表情(待って)(もう行こうよ)(わたしたちでいたいよ)

生まれ変わったら台風になりたいねってそれからは溶ける氷をみてた

いつまでも少女でいてとコンタクトレンズを踏みつぶすような祈り

煙草入り缶チューハイが倒れてるふたりはふつうに暮らしましたでした

amazon

表紙の色合いが素敵すぎる。あらすじ読んでもあまり雰囲気が掴めないなぁ。でも気になる。

ストレスや不安を抱える人へ 自律神経が整う考え方 

コロナによる不安や環境によりストレスを抱える人が増えている今。30代以降、ホルモンバランスの乱れから生じる様々な女性の不調。疲れ、だるさ、頭痛、肩こり……、不調解消の鍵は自律神経にあり。体から、心からアプローチする今までなかった、自律神経を整える方法を紹介する一冊。

amazon

100万PV連発のコラムニスト直伝 「バズる文章」のつくり方

「バズる文章」を書くために必要なスキルとテクニックを、過去に100万PV以上を獲得した尾藤氏自身の記事を実例として挙げつつ、公開する。

amazon

文庫本

鴨川食堂ごちそう

ドラマ化もされた大人気シリーズ第8弾!

京都にある、しもた屋。そこは「思い出の味」を求めて訪れる人々に料理を振る舞う食堂だった。

料理人である鴨川流と娘のこいしが、思い悩む依頼人にそっと寄り添い、あたたかい料理で迎えます。

amazon

ドラマ化されてるのに知らない・・・。シリーズ物は最初から読みたくなる。

おばさん探偵 ミス・メープル 銀座発23時59分シンデレラ急行 

マイペース探偵は、今日ものんびり謎解決!

楓子さんのお屋敷は、都内一等地にありえない敷地面積を誇り、そこだけ「森」といってもいい佇まいだ。近所の小学生男子たちからは「あそこには魔女が住んでいる」と怖がられている……けれども、当のお屋敷の高齢お嬢様である楓子さんは、至って人畜無害の、背が高いことがちょっとコンプレックスだったりする、おっとりした普通の「おばさん」だったりする。ただし、職業だけはちょっと特殊で、実はその正体は……硬派な男性のふりをして執筆しているシリーズ小説が大ヒット街道驀進中の、SFバイオレンス・アクション・エログロ・超ハードボイルド作家なのだった。

さて、このようにややふうがわりな楓子さんに、このたび突然「恋人ができた疑惑」が浮上した。恋に溺れて執筆が滞ることをおそれた翔岳館の担当編集・吉井くんとその同僚の奈々子さんは、楓子さんの銀座デートを尾行して、相手を突き止めるミッションに取り組むが……?

令和の日本に生きながら、ココロはいつも(平成すらジャンプして)昭和とともにある――超天然マイペースでどうにも憎めないおばさん探偵、ミス・メープルこと楓子お嬢様の、ドキドキ事件簿第2弾!!

amazon

なんとこれもシリーズものみたいです。

愛するあなたの子を授かって、十月十日後に死ぬつもり。

夫との心の距離を覚えながらも、念願の第1子を授かった千夏子。しかし無理がたたって流産し、そのことを誰にも言えずに心を病んでいく。自殺しようと家を出る千夏子だったが、偶然出会った血まみれの女性は、なんと夫の不倫相手で……。

amazon

どういうつもりよ、って言いたくなる惹かれるタイトル。

安楽死を遂げるまで

あなたの生き方を変える。

世界の医療現場で、安楽死合法化の気運が高まっている。超高齢社会を迎えた日本でも、昨今、容認論が聞こえてくるようになった。しかし、実態が伝えられることは少ない。

安らかに死ぬ――その柔らかな響きに、欧州在住の筆者は当初懐疑的だった。筆者は、スイスの安楽死団体でその「瞬間」に立ち会い、またはアメリカやオランダで医師や遺族と話を交わすなかで、死に対する考えを深めていく。

amazon

映画小説版 犬部! 

ペットの相談に来る人が絶えない、都内の動物病院の院長・花井颯太。

三度の飯よりも犬が好き!

周囲に「犬バカ」と呼ばれる颯太の原点をたどると……。

そこには「命」と向き合う大学サークル「犬部」があった。

同名映画の小説版。

amazon

新書

あなたの隣の精神疾患

身近な精神疾患の数々と、その対応法が理解できる入門書!

チェックリストやマニュアルで自己判断が可能なほど精神医学はイージーなものではない。

長年、患者を観察し続けてきた精神科医だからこそ確認し、解説できる精神疾患のパターン。

本書では、双極性障害や統合失調症から、閉ざされた家の怖さや共依存などまでをつぶさに検証し、読者が精神疾患に対して「よりリアルな」イメージを持ち、理解することができるようになっている。

紹介されるエピソードはどれも興味深く、作家でもある著者ならではの筆致に引き込まれ、人間の精神の深淵を窺い知ることができる。

また、患者、人間にとっての幸福とは何か、精神科医の仕事とは何かについても考察。

病気への理解の大切さ、精神医療における生々しい問題点も浮かび上がらせ、当事者や援助者だけでなく、一般読者にとっても非常に興味深い内容に。

たとえば双極性障害を患う内科医は、家族が体面を気にしなければ別の人生になっただろう。

あるいは新型うつ病を訴える患者は、詐病しているわけではなく、本人は苦しんでいるが、周囲の理解は得られにくい。

時代による精神疾患の変化、社会の問題なども詳らかにする。

amazon

芸能人の精神疾患の公表も多くなってきて、コロナで精神疾患になる方も増えているみたいです。正しい理解をしたいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました