今日の新刊 2021/11/16

気になる新刊

※私の気になった新刊を載せています。本日の新刊が全を載せているサイトではないので、ご注意ください。

単行本

『花束みたいな恋をした』音楽と絵 

いつもの風景で、ふと思い出す。

2021年を代表する大ヒット映画『花束みたいな恋をした』を味わい尽くそう!
大友良英のオリジナルサウンド・トラック(全26曲収録のCD)+朝野ペコのイラスト集。

ネコヅメのよる

「間違いない。今夜だ」猫の秘密、教えます

ある夜のことです。
「まちがいない。こんやだ」「いそげ、いそげ」あっちから、こっちから、猫が集まってきます。
みんなが待ちこがれていたものが、もうすぐあらわれます。

集中できる部屋づくり

今後も長期的に自宅でのリモートワークは続くと考えられます。でも「自宅での仕事はなんだか集中できない」「捗らない」……そんな不満を抱える人に、空間づくりのコツを伝授します。また上手な人の実例もたっぷり。この一冊で仕事でもプライベートでも集中できること間違いなし!

文庫本

もう生まれたくない

マンモス大学の診療室に勤める春菜、シングルマザーの美里、二人の謎めいた友人の神子。震災の年の夏、「偶然の訃報」でつながった彼女たちの運命が動き始める――。
新聞に載る死。テレビで騒がれる死。どこかでひっそり終わった死。有名人の死。身近な人の死。名も知らぬ遠い国の誰かの死。
そのどれもが身近で、私たちの人生と隣り合わせにある。死を描くことで今を生きることの意味を見出す、著者新境地。

正しい愛と理想の息子

とっておきの話があるんだ。

長谷眞32歳、沖遼太郎30歳。
借金を抱え、失敗続きの二人が一攫千金のために目をつけたのは、寂しさを抱える老人たちだった――。

『水を縫う』『ガラスの海を渡る舟』など話題作連発の著者による、異色の家族小説。

時生 新装版 

「あんた、逃げられて当然。一緒に彼女を追いかけよう!」

あの日共に旅した謎の青年は未来の息子だった

東野圭吾による切なすぎる奇跡の物語

天空の鏡 警視庁殺人分析班

左目を奪い去る猟奇殺人犯を追え!

過去の未解決事件との不可解な共通点。
塔子を待ち構える衝撃&切なすぎる真相とは――?

大人気「警視庁殺人分析班」シリーズ最新作!!

ひまつぶしの殺人 新装版

ファンから絶大な人気を誇る「早川一家シリーズ」第一巻が新装版として登場!

歪んだ波紋 

ニュースという名の「悪意」――。
累計75万部突破『罪の声』の著者、真骨頂の報道小説!

#柚莉愛とかくれんぼ

ネット炎上ーー
誰もが当事者になりうる戦慄のSNSサスペンス!

第61回メフィスト賞受賞作、ついに文庫化!

陰陽少女 妖刀村正殺人事件

実予県警の外田警部の粘着捜査と、美少女陰陽師・小諸るいかの論理が
あかねの嫌疑を晴らすとき、犯人はこの世ならぬ姿を現す。
オカルト×ミステリーの最終兵器ふたたび!

イーハトーブの幽霊

「犯人は幽霊なのでしょう?」
宮沢賢治ゆかりの地で起きた連続殺人に浅見光彦が挑む!

人気ミステリーシリーズ登場!

森には森の風が吹く

森ミステリィの魅力に迫る自作解説「森語り」、
書評や本に関するエッセィ「森読書」、
依頼を受けた作品解説「森人脈」、
鉄道など趣味についての「森好み」、
著者の考え方を垣間見られる「森思考」。
2003年以降に森博嗣が書いた小説以外の文章を集めた個人読本。
各エッセィに当時を振り返る著者コメント付。

水神様の舟

湖に愛された少女が世界を変える。
弟を捜す旅は、この国そのものを辿る道へ――。
冒険と未知の世界に憧れた、全ての読者に贈る正統派ファンタジー!

作家ごはん 

「先生、原稿ください!」
新米編集者が隠居同然の作家とたべるおとりよせ飯。
ドラマ化でも人気の『侠飯』著者による、エンタテインメント・グルメ小説!

これってヤラセじゃないですか?

心と体を蝕む不条理な業界(セカイ)に立ち向かう青春お仕事エンタメ第2弾!

コメント

タイトルとURLをコピーしました