今日の新刊 2022/01/20

気になる新刊

※私の気になった新刊を載せています。本日の新刊が全を載せているサイトではないので、ご注意ください。

  1. 単行本
      1. 鑑定人 氏家京太郎
      2. 火星のライオン
      3. 本屋の堀ちゃん
      4. わたしの体に呪いをかけるな
      5. 人間ぎらいのマーケティング 人と会わずに稼ぐ方法
      6. どこでも成果を出す技術 ~テレワーク&オフィスワークでなめらかに仕事をするための8つのスキル 
      7. 「嫌われたかも」「私がいけないんだ」「なにかと不安になる」 “落ち込みやすい自分”が劇的に変わる本
      8. 音楽のような本がつくりたい: 編集者は何に耳をすましているのか 
      9. 精神科医が教える 一喜一憂しない生き方: 目の前のことより、先を見る
      10. 7秒で好かれる人になるコツと、小さな習慣
      11. 感じがいいと思われる敬語の話し方
      12. 心の病気にかかる子どもたち 精神疾患の予防と回復
      13. 1日5分から 心と暮らしが整う手帳の使い方BOOK
      14. 自分を変えるノート術
      15. ねころんで読めるウィズコロナ時代の感染対策: 専門医が教える 正しく怖がるための入門書
      16. ブックスタートの20年 自治体と市民が 赤ちゃんの幸せのためにつながり 実現してきたこと
  2. 文庫本
      1. 大人になったら、
      2. したいとか、したくないとかの話じゃない 
      3. マイ・ゴースト メンター 新卒3ヶ月目の奇跡
      4. 犬の報酬 
      5. 地面師たち 
      6. マネーの魔術師-ハッカー黒木の告白 
      7. 早朝始発の殺風景 
      8. 原稿用紙1枚の物語 20行目で「ぴん!」と来る 
      9. いい女、ふだんブッ散らかしており
      10. 言葉の花束 困難を乗り切るための“自分育て”
      11. 母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記 
      12. 「NO」から始めない生き方 先端医療で働く外科医の発想
      13. 君たちの日本国憲法

単行本

鑑定人 氏家京太郎

民間の科学捜査鑑定所〈氏家鑑定センター〉。
所長の氏家は、女子大生3人を惨殺したとされる猟奇殺人犯の弁護士から再鑑定の依頼を受ける。
容疑者の男は、2人の殺害は認めるが、もう1人への犯行は否認している。
相対する警視庁科捜研との火花が散る中、裁判の行く末は——

驚愕の結末が待ち受ける、圧巻の鑑定サスペンス!

火星のライオン

2091年、火星。ベルたち5人の身寄りのない子どもは、赤ん坊のときに地球から火星にやってきた。それ以来、6人の大人とネコとともに、ここ火星のアメリカ入植地で平穏に暮らしていた。ところがあるとき、大人が全員、ウィルスによるものと思われる謎の病気にかかり、子どもだけで入植地を維持していかなければならない事態におちいる。大人たちの病気はますますひどくなり、薬も無くなり、へとへとになって万策尽きた子どもたちは、なんとか打開策を見つけようとするが……。

本屋の堀ちゃん

街の本屋で働きはじめたマイペースな堀ちゃんが見つけた仕事の楽しみ――。
日々入れ替わる本や変な同僚、個性派なお客さんたちとのお店をめぐる可笑しさな物語。
(「カバーいらないですよね」を改題したオール新作です)

わたしの体に呪いをかけるな

笑うな。哀れむな。値踏みをするな。わたしの体はわたしのものだ。
体型への固定観念、生理や中絶への偏見、ネットの誹謗中傷、ジョークの顔をした性暴力…
自分(わたし)から人生を奪うシステムを吹っ飛ばせ。不屈のユーモアと怒りの半生記。

人間ぎらいのマーケティング 人と会わずに稼ぐ方法

<人間ぎらいのあなたのための生存戦略>

*人と会うとどっと疲れる。
*家から出たくない。
*人と会わずにモノを売りたい。
*人とのコミュニケーションを最小化したい。
ネット家庭教師として、極力人と会わずに毎年100人以上の生徒を集め、早慶上智に多数の合格者を輩出している“人間ぎらいのうつ起業家”渾身の一冊!

どこでも成果を出す技術 ~テレワーク&オフィスワークでなめらかに仕事をするための8つのスキル 

10年以上、大企業でもフリーランスでもテレワークを実践してきた著者が、持てるノウハウを集大成。
オンラインでもオフラインでも生産性を上げるのに必須のスキルと身につけ方を教えます。

「嫌われたかも」「私がいけないんだ」「なにかと不安になる」 “落ち込みやすい自分”が劇的に変わる本

この本では、ブログ・メルマガで人気の約30000人を救ってきたモラハラ対策カウンセラーが、
「心のアイドリング状態を維持しよう」
「調子のいときに調子に乗りすぎない」
「他人はすべて『取引業者』」
「心を込めずに優しく接する」
など、「無理に許さない・我慢しない・ありのままを目指さないメソッド」を紹介します。

音楽のような本がつくりたい: 編集者は何に耳をすましているのか 

好評重版『音楽が本になるとき』の端正でつつましやかなテイストを保ちつつ
今回のエッセイ集には、社会への眼差・哲学的な思索が染みわたり、
加えて「書物」愛や、「企画・編集」にかける情熱、そして「出版」への開けた視座
――そんなアクティブな語りがほとばしり出、読む者の胸に迫ります。

精神科医が教える 一喜一憂しない生き方: 目の前のことより、先を見る

長い人生、思う存分、好きなことを満喫するヒントを
精神科医の和田先生がアドバイス!

7秒で好かれる人になるコツと、小さな習慣

接客術のノウハウで好感度をアップし人間関係を改善する本。7秒で印象を変えるコツは注目。好かれる人になると人生はお得に!

感じがいいと思われる敬語の話し方

敬語がわからない、難しい。そんなことはありません。
同年代の中ばかりで過ごしてきた若い人の間で、敬語がわからない、難しいという人が増えているようです。本当に、敬語は難しいのでしょうか。そんなことはありません。なれていないだけなのです。ルールや表現がわかれば、スムーズに使えるようになります。

心の病気にかかる子どもたち 精神疾患の予防と回復

2022年度から高校の保健体育の教科書に精神疾患が盛り込まれる。うつ病、統合失調症、不安症といった精神疾患は、若い年代で発症し、不登校や自殺の原因にもなっている。その予防と回復について精神科医がわかりやすく解説する一冊。

1日5分から 心と暮らしが整う手帳の使い方BOOK

心を満たす手帳屋さんmukuriの、書くことで心が満たされて、暮らしが整う手帳の書き方や作り方の本。淡くナチュラルな色合いがかわいい手帳を作る手帳デコやおすすめの文房具、心を満たすオフの手帳の書き方、管理にむいたバレットジャーナルを使ったオンの手帳の書き方、他にも便利な家計簿から防災ノートなど、様々な手帳やノート術を掲載。自分の使いやすい手帳にカスタマイズできます。また手帳をゆるく続けるコツなども紹介。リフィル、デコ素材などのデータダウンロード付き。

自分を変えるノート術

本書では、時間を確保して徹底的にノートを書きまくる方法を「一人合宿」として紹介しています。
「合宿」といっても、数日間の日程が絶対に必要なわけではありません。
スキマ時間の30分でも、ノートと向き合うことで、今の自分を変える効果が得られます。

ねころんで読めるウィズコロナ時代の感染対策: 専門医が教える 正しく怖がるための入門書

「正しい感染対策が知りたい、でも、難しいのは苦手。時間もない」…そんなあなたのために、感染対策の専門家が“誰でもわかる”新しい感染対策のルールを解説。新型コロナウイルス対応に2年間奔走し、「デマやうわさではない、正しい感染対策を知ってほしい」と強く願う矢野邦夫先生が、感染を正しく怖がり、ウィズコロナ時代に必要な感染対策を伝授する一冊!

ブックスタートの20年 自治体と市民が 赤ちゃんの幸せのためにつながり 実現してきたこと

2001年4月に12自治体で開始され、二十歳を迎えた日本のブックスタート。これまでの20年間で、約7,860,000人の赤ちゃんが対象となりました。各地で作り上げられてきた活動は、どのように深まり、広がってきたのでしょうか―。
自治体職員、ボランティアの方々、保護者のさまざまな言葉を、「行政」「図書館」「母子保健」「子育て」「地域づくり」「赤ちゃんと保護者」「世界」などのキーワードに沿ってまとめました。

文庫本

大人になったら、

三十五歳の誕生日を迎えたメイ。「いつから彼氏いないんですか?」「何が目標なんですか?」――失礼な後輩に憤慨しつつも、カフェの副店長として働く日々はそれなりに充実している。毎日同じメニューを頼むお客さんも、そんな日常の一部だったのだけど……。久しぶりの恋に戸惑う、大人になりきれない私たちの恋愛小説。

したいとか、したくないとかの話じゃない 

「セックスレス」をきっかけに夫婦のあり方、子育てのあり方を問いかける家族小説

マイ・ゴースト メンター 新卒3ヶ月目の奇跡

まだ6月なのに「仕事辞めたい」と思った――
新卒3ヶ月目の壁を乗り越える……!
幽霊メンターと、新米・大学事務の切なくも優しい、奇跡のお仕事ドラマ!

犬の報酬 

大手メーカー・タチ自動車は自動運転実験中に衝突事故を起こす。警察は発表しなかったが、数日後、この事故の記事が東日新聞に掲載される。情報はどこから漏れたのか? 総務課係長の伊佐美を中心に「犯人探し」のチームが発足するが……。新聞記者、内部告発者、そして「社畜」。それぞれの正義が交錯する、圧巻の経済小説。

地面師たち 

地面師たちの組織的犯罪を、圧倒的なリアリティーで描いた新時代のクライムノベル。

マネーの魔術師-ハッカー黒木の告白 

新自由主義への反逆者か? 廃れゆく伝統の守護神か?
謎の天才ハッカー vs.膨張する金融資本主義

 知的興奮が爆走するエンターテインメント巨篇。
文庫書き下ろし

早朝始発の殺風景 

青春は気まずさでできた密室だ――。
今、最注目の若手ミステリー作家が贈る珠玉の短編集。
始発の電車で、放課後のファミレスで、観覧車のゴンドラの中で。不器用な高校生たちの関係が、小さな謎と会話を通じて、少しずつ変わってゆく――。
ワンシチュエーション(場面転換なし)&リアルタイム進行でまっすぐあなたにお届けする、五つの“青春密室劇”。書き下ろしエピローグ付き。

原稿用紙1枚の物語 20行目で「ぴん!」と来る 

1話完結、朝読にピッタリ。好きなお話からお楽しみください。

いい女、ふだんブッ散らかしており

父を看取り、認知症の母を介護し、対談・執筆と多忙を極める著者。自ら「床族」と称し、何でも床に積んでしまう片付け下手で、捨てられない性格と自己分析。また、連続ドラマ「陸王」に出演、女優としても活躍、さらに還暦過ぎての結婚まで……。じわじわ訪れる小さな老いを蹴散らして、挑戦し続ける激動の日々を、赤裸々に綴る。不肖アガワの『婦人公論』人気連載エッセイ第一弾。

言葉の花束 困難を乗り切るための“自分育て”

腐らずに、自分を前向きに育ててこれた背景には何があるのか?
さまざまな困難を切り抜けてきたからこそ、今、「弱っている人々に、同じ気持ちで寄り添える」。
体験を語りながら、「アナタの力になりたい」と紡いで、言葉の花束にして捧げる。

母さん、ごめん。 50代独身男の介護奮闘記 

母が認知症を発症。母と息子の生活は一変し……。独身者の介護体験を赤裸々に綴り反響を呼んだノンフィクションがついに文庫化!

「NO」から始めない生き方 先端医療で働く外科医の発想

難手術を次々に成功させる天才移植外科医の「諦めない」発想術。生死をさまよったコロナ感染記、半生を振り返る手記を新規収録。

君たちの日本国憲法

「中田敦彦のYouTube大学」で紹介され大反響!

憲法の本質や日本国憲法の特徴、そして、憲法がどれほど国民の生活と密接かを池上彰が事例をまじえて解説する。そして、それを護り、また変えていくには、どのような議論が必要なのかを導きだす。遠い存在に思えて、じつは身近な憲法。池上彰が高校生を対象に、実際に講義をした内容だからわかりやすい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました