今日の新刊 2022/04/14~16

気になる新刊

※私の気になった新刊を載せています。本日の新刊が全を載せているサイトではないので、ご注意ください。

単行本

二重らせんのスイッチ

俺は犯人なのか――。
強盗殺人容疑で逮捕された、桐谷雅樹。
証拠は全て雅樹の犯行を示す!
最注目の著者が描く、“冤罪”ミステリー。

旅行ライターになろう!

出版業界と旅行業界を股にかけて仕事をする旅行ライター。旅行雑誌やウェブメディアの依頼を受けたら観光地を実際に訪ね、その地の名物や見どころを体験し、現地の人の話を聞いて集めた情報を原稿に起こす。実際に自分で旅を体験することで、旅することが人にもたらす発見や喜びをすくいあげ、言葉で伝える仕事の醍醐味とは何か。 取材で全国各地を飛び回っては原稿を書く日々を送るエキサイティングな仕事の実際を、フリー歴16年の現役旅行ライターが解説する。

広末涼子エッセイ『ヒロスエの思考地図 しあわせのかたち』

本書は、哲学者が残した言葉や尊敬する女性たちの言葉を広末さん自らがセレクトし、自身の思いを綴った書き下ろしエッセイです。これまでの広末さんの人生に起こった出来事や日常でのシーンを交えながら、その言葉になぜ惹かれたのか、人生にどう役立つと考えたかなどが描かれています。今回の刊行にあたり、本書は執筆のすべてを広末さんが行い、約2年をかけて書き上げました。40代を迎えた広末さんが、女優として・妻として・母として・一人の女性として、今何を大切にして生きているのか、心に響く様々な言葉と共に綴られています。さらに、自身で撮影した日常の写真や、執筆風景などの写真もカラー16ページで掲載されます。

つい他人と比べてしまうあなたが嫉妬心とうまく付き合う本

誰だって、嫉妬をしている自分なんて好きではありません。
だからつい、嫉妬から目をそらしてしまいます。
でもあなたがその苦しみから解放されたいと願うのなら、ちょっとだけ嫉妬について、学んでみませんか?

働く私のエネルギー最大化計画

仕事がつらい、自分に自信がない、働き方に迷いを持っている…
そんなあなたに贈る、仕事を、働く自分をもっと幸せなものに変えるヒントをまとめました。

本当に心地いい部屋: ものが少ないからくつろげる、満たされるから帰りたくなる

毎朝目覚めるのが楽しい、家事や仕事に集中できる、夜は心から落ち着ける……そんな部屋にしてみませんか?
この本では、ミニマリストでカナダ在住の人気ブロガーが、「一番いたくなる場所」の作り方を教えます!

うつ感情のトリセツ~自己肯定感が高まる~ 

「自己肯定感」の第一人者で、予約の取れないカリスマカウンセラーでもある中島輝先生が、いままで誰も教えてくれなかった「うつ感情」のトリセツをまとめました。

文庫本

ドアを開けたら

マンションで発見した独居老人の死の謎に
中年男と高校生のコンビが挑む、心温まるミステリー

アロワナを愛した容疑者 警視庁いきもの係

有力政治家の三男が殺害された。現場で飼われていたアロワナは、十年前にシンガポールの実業家のもとから盗まれた個体だと判明。窓際警部補・須藤友三、生き物オタクの巡査・薄圭子のコンビは、密輸ブローカーに焦点を絞り調査を開始する。タカやランが関わる事件も同時収録。痛快アニマル・ミステリー!

君を見送る夏

車中のプロポーズから一年。二人の間に見えない壁が出来つつあった。家族経営の葬儀社で飛び回る未来とヒットアプリを世に送り出した龍介。以前にもましてすれ違いの日々。彼の入院を知らされず、謎の女性との目撃談を聞かされ、不信感が一気に高まる。そんな中、親友楓の依頼で、婚活パーティーに参加した未来が出会ったのは……。
思わぬ真相、急転直下の純愛ストーリー

姑の遺品整理は、迷惑です

郊外の団地で一人暮らしをしていた姑が、突然亡くなった。
嫁の望登子は業者に頼むと高くつくからと自力で遺品整理を始める。
だが、「安物買いの銭失い」の姑を甘く見ていた。
至る所にぎっしり詰め込まれた物、物、物。
あまりの多さに愕然とし、夫を駆り出すもまるで役に立たない。
無駄を溜め込む癖を恨めしく思う望登子だが、徐々に姑の知らなかった顔が見えてきて……。

2019 ザ・ベストミステリーズ

雨の日にだけ小学校の体育館に現れる少女の霊。耳を塞(ふさ)いだ姿勢で何度も飛び降りる彼女は、何を訴えているのか。”学校”に囚われるものの苦しさを描く澤村伊智「学校は死の匂い」のほか、2018年に発表された短編推理小説のなかから選び抜いた9編を収録。ミステリーの奥深さ面白さに耽るベストアンソロジー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました