ある日突然、自分の書いたキャラクターが勝手に動きだしたら…。あなたはどうしますか?夢・家族・恋人、大切なものを守るために、他のものを捨てる覚悟はありますか?

読書感想文

本日は、2021年6月11日公開の映画『キャラクター』

その第何稿目かのシナリオをもとに書かれた小説『キャラクター』の感想を書いていこうと思います。

映画『キャラクター』公式サイトはこちら

※後半からラストにかけてのストーリは、映画とは大幅に異なります。

あらすじ

 漫画家デビューを目指してアシスタント生活を長く続ける山城圭吾やましろ けいごは、ある日、「誰が見ても幸せそうな家」のスケッチを頼まれる。前から気になっていたその家を訪れると、暗闇の中から大音響でオペラが流れていた。家の玄関ドアが開き、手招きに促されるようにして家の中に入ると、そこには殺害された家族4人の姿があった。

「ぼくの顔、見た?見ちゃったよね」

 第一発見者となった山城は、その現場でひとりの人物を目にしていた。やがて、彼はその事件をモデルにした漫画でデビュー。家族4人殺人事件も続いていた。

著者プロフィール 

長崎尚志ながさき たかし

〇小説家、漫画原作者、漫画編集者

〇2010年、『アルタンタハー当方見聞奇譚』で小説家デビュー

〇『闇の伴走者醍醐真二の博覧強記ファイル』WOWOWで連続ドラマ化

〇ほかに、『県警猟奇犯罪アドバイザー久井重吾』シリーズ、『風はずっと吹いている』などがある。

自分に足りないもの

主人公の山城はホラーやサスペンスで勝負がしたかった。ただ、キャラクターが書けない。

アシスタントしている仲間からこんなことを言われる。

な、あいつの中には悪人が存在しねえのよ……だからサスペンスやホラーは絶対描けない。ほんとはさ、『スヌーピーとチャーリー』みたいなマンガが向いてるんじゃね?

ただ、そちらを書くとしても今度は画風が合わない。

一生アシスタントとして生きてくのか悩む。

事件が起きる

幸せそうな家をスケッチしていたとき、黒い影に手招きをされる。

入るとそこは血の海、殺人現場だった。

そして、自分の中にいなかった悪人が顔を出し始める。

ある有名な先生が言ってた。自分のキャラクターが勝手に動きだすらしい……紙の上の登場人物が作家を操るように

罪悪感と引き換えに

山城は、警察には犯人を見たことを黙っていた。

直後は覚えていなかったため、嘘ではないのかもしれない。

彼をモデルにした『34』というマンガで念願のデビューを果たす。

ここから彼の人生は少しずつくるっていく。

誰が見ても幸せな家族

あなたは、幸せな家族と言われてどんな家族を想像しますか?

この本の中では、幸せな家族を4人家族としている。

ただ、どの家族もどこか違和感がある。幸せではない雰囲気がとても不気味だった。

❝幸せな家族❞は本書の1つの隠れた1つのテーマなのかもしれない。

著者の経験から書けた作品

著者は、漫画原作者・漫画編集者であることから、この作品が生まれたのだと感じた。

マンガって正しいことは正しい、まちがってることはまちがってるってマジに言える媒体じゃない?悪は滅びて、いいもんは勝つ。そういうメッセージをバカ正直に残せる表現方法って、いまじゃマンガだけだろ?だからおれ、やっぱマンガ家になりたい

これは山城が父親に、そろそろ諦めたらどうだと言われたときに言うセリフ。

ここから著者の伝えたいことを感じた。

私は、漫画を読まない。だから漫画を読んでいたら、本書も違った視点から見ることができたのかもしれない。

たいせつなものは

大切なものを掴んだら、他の大切なものが零れ落ちていく。どれ一つとして選べなくて、どれが1番でもなくて。

そのなかで、最後は主人公が折り合いをつけていく。

私たちもここは山城と同じだろうと思う。

夢が叶いそうなとき、忙しくて恋人に会えないだとか。

罪悪感を抱えながらも、自分の気持ちを優先してしまったりだとか。

山城とキャラクターの戦いは、天使と悪魔の戦いのようにも思う。

あなたは、何を選んでいきますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました